今回は知らなきゃ損な情報をお伝えしたいと思いますこれを知ることで、美味しい物を安く手に入れることが出来ます!お金の節約にもつながりますので、是非最後まで観てみてください!

「ふるさと納税」とは

あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるため、今では多くの方に利用されています。
さらに、寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。

 

簡単に説明しますと、少なく見積もっても、自分の年間所得の1%分の商品を寄付という形で買うことが出来ます。「年間所得300万の場合は3万円までの商品が買える」ということになります。2000円は自己負担でかかりますが、年間所得が300万円の方の場合2万7千円分が控除されることとなります!

「めんどくさい」「大した物はもらえないんじゃないか」と思っている方々。手続きはとても簡単で初心者の方でも直ぐに出来てしまうものなのです!

何故簡単に出来るのか。

ワンストップ特例制度というものをご存知でしょうか。

ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組みです。
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附した自治体に送るだけです!楽天の場合は、ボタン1つで簡単に申し込むことが出来ます!寄附金上限額内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。

ワンストップ特例制度の利用方法

楽天でのやり方を順を得て説明していきたいと思います!
まずは、楽天市場の登録はお済でしょうか         まだの方はこちら

次に商品を買い物かごに移します。この際に以下の画面が出てくると思います!

 

この際に、マイナンバーカードの両面コピー又は、番号通知カード、住民票、運転免許書、健康保険所などの中から2点を準備しておくと、書類の申請をスムーズに行うことが出来ます!

私はこのためにマイナンバーカードを発行したくらいです!番号通知書だけだと、後日寄付自治体から連絡が来て、もう一度申請書を出しなおさなければならないハメになるので注意しましょう。※私はよくありました;;

難しくも、面倒でもありませんから、おすすめです。これは実際に機械音痴の私の父、母に紹介し、すぐに出来ました!

ふるさと納税を行う際に注意しておくこと

以下のことを気を付けなければ、正しく控除されない場合があります。

1、1年間の寄付先が5自治体以内であること

これは、ワンストップ申請制度を利用する方は気を付けなければいけません。確定申告では、いくつの自治体に寄付してもいいんですが、ワンストップ申請制度を利用する場合は基本的に5自治体しか寄付できません。

2.締め切り期間について。

ワンストップ申請制度利用の場合は、翌年の1月上旬(10日ごろ)までが、申請書の締め切り日となりますので、その日に書類が到着しなければ、来年の税金が控除されることになります。ちなみに、確定申告をされる場合は翌年の2月16日~3月15日までに行えばいいです!

3.確定申告した方が控除される税金が多いのか。

これもよく見る筆問ですが、全く変わらないといってもいいでしょう!

4.申込内容が変わった場合は期限までに再度申し込みが必要

書類が到着した時点の申込内容から変更されている場合、住民税の控除が受けられない場合があります。申込書類の記載内容から変更があった場合は、締め切りまでに「変更届出書」を提出をしなければなりません。引っ越しなどで住所が変わった場合も「変更届出書」が必要なため注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。初めは敷居が高いように思われるふるさと納税ですが、意外とやってみると、時間もほとんど掛からないことに驚かれたと思います。今回、ふるさと納税のサイトで「楽天」を利用したのは、商品によってポイント5倍~10倍のものも多く、ポイントの使い勝手が一番いいように思えたからです。買い回りセールなどのセール開催時に、買い回り商品対象となってます。私は、ふるさと納税だけで、3万円分の買い物を毎年していますが、ポイントの還元が5000pは来ます。これを計算すると、なんと、自己負担額2000円から引いても3000円のプラスになるんです。美味しい物も、貰えてお金まで増えるのは、なんとも後ろめたい気もしますが笑

是非1度お試しください!                            楽天で買うふるさと納税でオススメの商品をまとめた記事はこちら

おすすめの記事