新潟は全国でも有数の酒造りの名産地ですよね。
お米や水が美味しいのはさることながら
そういう様に呼ばれるのも理由があるんです。
今回はその理由と共に新潟の日本酒オススメランキングを7選紹介していきたいと思います。

新潟のお酒は何故おいしいのか?

日本酒を作るためには水や土壌、酒米は欠かせませんよね。

何故美味しい日本酒が出来るのか観ていきましょう。

水や土壌

湧き水

日本で最長の川である信濃川によって流れ着いた質の高い粘土質が蓄積して出来た栄養価たっぷりの土壌に山から栄養価たっぷりの雪溶け水を使います。
また、温度も米を生産するには適した温度帯のために美味しい日本酒が出来るのです。

酒米

酒米

新潟は、コシヒカリの名産地として有名ですが、実は「酒造好適米」も数々の品種を育てています。

キレのある口当たりや、フルーティーな香りを演出させてくれる「五百万石」
「山田錦」と「五百万石」をあわせてつくったお米の旨味が強い「越淡麗」などの種類の酒米が育てられています。

新潟の日本酒を選ぶ際に気を付けること

新潟は日本酒生産量では第3位であり、消費量になると、全国でも1位になるんです。
数が多いからこそ気を付けるべきポイントがあります。

新潟の有名な銘柄を選ぶようにする

注意

そんな日本酒を愛している数が多いと言うことになれば様々なニーズがあります。
新潟にはおよそ88個の酒造の数があり、日本で1番多いため、有名な銘柄を選ぶことをオススメします。
何処の酒造で作る日本酒も美味しいですがその中でもオススメは以下の6酒造になります。

久保田(くぼた)
八海山(はっかいざん)
鶴齢(かくれい)
高千代(たかちよ)
加茂錦(かもにしき)
菊水(きくすい)

新潟のオススメ日本酒ランキング10選

7位 八海山 しぼりたて原酒 越後で候1800ml

10月~3月まで限定で発売されています。

フレッシュな香りと味わいが特徴です。

どんな料理とも相性が良く、飽きにくいのが特徴です。

9位 Takachiyo59 純米吟醸 無調整生原酒 500ml

酒米には、兵庫県産の「愛山」と岡山県産の「雄町」を精米歩合59%まで磨いた日本酒です。

ボトルがおしゃれで贈り物したり、写真映えしたりしますが、味も絶品です。

口に含むと、甘みと旨味が口の中に広がり、のど越しはキリッと辛めでさっぱりと飲むことができます。

6位 鶴齢純米大吟醸 720ml

鶴齢(かくれい)は、青木酒造が製造しており創業から300年続いています。

米作り、蔵、酒造、飲み手が一体となっていい酒が生まれてくるというコンセプトを主に酒造を行っています。

越淡麗のブランドの酒米を使用して、精米歩合40%まで磨いた日本酒です。

辛口ですが、すっきりとやさしい口当たりです。

5位 加茂錦 荷札酒 愛山 50 純米大吟醸

希少な酒米「愛山」を使用して精米歩合50%まで磨いた日本酒です。

上品な甘み、香りが特徴で、のど越しも比較的に柔らかくオススメです。

4位 八海山 大吟醸

酒米の山田錦を精米歩合40%まで磨いた大吟醸です。

2年かけて熟成したことによりまろやかな味に仕上がっています。

熱燗でも冷酒でもどちらでも美味しく飲むことが出来ます。

フルーティーなひかえめで上品な香りがあり、さっぱりと飲めます

3位 菊水 節五郎 出品酒 720ml

近年はコンビニにも進出しており、新製品を次々と出している酒造です。

節五郎は、7年連続で金賞を受賞している日本酒を再現した大吟醸になっています。

りんごのフルーティーで華やかな香りが鼻から抜けていく甘みが強いです。

奥深い味が特徴で、造りが丁寧な日本酒です。

2位 八海山 金剛心 純米大吟醸 ブルーボトル 800ml

夏期、冬期に分かれて販売されています。

夏期のものは、すっきりと爽やかな飲み口で、冬期のものは、芳醇な飲み口となっています。

私がオススメするのは冬期のほうになります。

マイナス3度の中で2年間熟成させてあるので、透き通るような風味と、柔らかいのど越しが癖になります。

山田錦と五百万石を使用して精米歩合40%まで磨かれた日本酒です。

1位 久保田 純米大吟醸 万寿 1.8ml

五百五万石と、新潟で収穫した酒米を使用し、精米歩合35%まで磨いた日本酒です。

速醸仕込みと、山廃仕込みを絶妙にブレンドして作られた最高峰の出来です。

品のある味で、味が深いまろやかな香りと、のど越しが特徴です。

まとめ

新潟は日本一酒造の数が多い理由は分かりましたか?

お米を作る環境に適していたり、水や土壌も雪水が山から流れてくるため栄養満点だということです。

その中でも私のオススメの酒造を厳選して紹介しました。

日本酒の美味しさを感じて「喜び」につながればいいなと思います。

おすすめの記事