肉料理には、ワインは欠かせませんよね。「赤ワイン」と「白ワイン」があると思いますが、肉料理には赤ワインが合うというのは、周知の事だと思います。

ワインには色んな種類があるので、どの料理の時にどのワインを飲めばいいのか分からない方が多いと思います。

今回は、オススメの肉料理に適したワインの紹介をしていきたいと思います。

そもそも赤ワインとは何か

赤ワイン

赤ワインとは、一般的には黒ブドウ品種から作られたワインのことを言います。

ブドウの果実を皮と種ごと絞りだされ、発行して作られます。

赤色や、濃い紫あるいは、赤褐色をしたワインの総称のことを言います。

有名なブドウの品種だと、カベルネソーヴィニヨン、サンジョボベーゼ、ネッビオーロ、バルベーラなどがあります。

日本で作られているワインは、ブラッククイーンや、マスカットベリーAなどの品種のブドウを使用していることが多いです。

白ワインとの違い

白ワイン

赤ワインは、果皮から出る色素から発行の最中で渋みの成分である「タンニン」が多く抽出されます。

この渋みによって白ワインより濃厚で渋みのある風味に繋がります。

ワインのボディって何?

ワインの種類は、大きく3つに分けると、フルボディ、ライトボディ、ミディアムボデイの3つに分けられます。

フルボディとは

ボディの種類の中で最も濃厚な味わいを持つのがこちらです。

コクがあって「豊満」「肉づきの良い」という表現をされています。

口に含んだ際の膨らみや、広がりはなんとも言えません。上級者向けのワインだと思います。

ライトボディ

フルボディとは反対で、渋みやコクが比較的に少なく、飲みやすいのが特徴です。

赤ワインが苦手な方や、飲み始めの方にはお勧めしています。

値段も安価な物が多いです。しかし、ワインに慣れてくると、物足りなさを感じてくる方も多いようです。

ミディアムボディ

ミディアムボディとは、2つのワインの中間に位置します。

重すぎず、軽すぎない程よいコクがあります。

バランスがとても良く、愛用して飲んでいる上級者の方も多いです。

ボディを選ぶ際に注意してほしいこと

チェック

ボディというのは、実は、明確な定義や、要素はないのです。

そのため、アルコールが高いワインが刺激的で強い飲酒の印象があるということから「フルボディ」とされがちです。

実は、アルコール=ワインの重さとはならないため、注意しましょう。

じゃあ肉料理に合うワインって?

肉料理

肉は牛肉、豚肉、鶏肉に分けられますが、それぞれの肉によって、相性のいいワインは異なります。

それは、赤ワインの渋みである「タンニン」が肉の、旨味と甘みを引き出してくれるわけです。

脂の濃さによって合う「ボディ」も、また異なります。それらを踏まえたうえでワインを紹介していきたいと思います。

オススメの牛肉料理に合うワイン

肉の赤身を楽しみたい、淡白な肉の旨味を引き出したいならコレ!

私のオススメは、牛ステーキになります。その他にも、や、スペアリブとの相性が格別になります。

赤身の多い肉の旨味を引き出したいならこのワインが格別に合います。

商品
コノスル2017年物ピノノワール

by カエレバ

 

新鮮で澄んだプラムのような香りや味が楽しめます。

優しい味が特徴で、淡白な肉の味を十分に引き出してくれるのが特徴です。

濃厚な味付けの牛肉の味を高めたいならコレ!

デミグラスハンバーグや、すき焼き、ビーフストロガノフなど濃厚なソースが入っている肉料理には豊富な果実が入っているこのワインがオススメです。

商品
ペッパーウッド・グローヴ カベルネ・ソーヴィニョン

by カエレバ

 

ラズベリーやブラックプラムを思わせるスパイス感が口に広がっていきます。

濃厚な飲み口なので、濃いめの味付けの料理と、とても合います。

オススメの豚肉に合うワイン

淡白な豚料理に合うワインはコレ!

豚肉の塩焼きステーキや、小籠包、ポトフなどと、相性がいいです。

商品 グランポレール 北海道余市 ピノ・ノワール

 

by カエレバ

 

酸味のバランスが良く主張しすぎない余韻が特徴です。

柔らかな口当たりとともに、すみれの花やイチゴのアロマの香りが鼻から抜けていきます。

濃厚な豚肉料理の味を高めたいならコレ!

豚肉のスペアリブや、みそ焼き、角煮などの濃厚な料理にはこのワインが格別に合います。

商品名
テラ・マター・アルタム・メルロー 2017

by カエレバ

 

アルタムは「高貴な」という意味で、樹齢の高い単一のブドウ畑で育てられたブドウを使用しています。

なめらかな舌触りが特徴で、某番組では数十万円するワインと間違えられたこともあるそうです。

鶏肉料理に合うワイン

淡白な鶏肉料理に合うワインはこれ!

鶏肉のソテーなどと、とても相性がいいです。

商品
ラ、キュベ・ミティークブラン

by カエレバ

 

砂糖で煮詰めた梨を思わせる香りにバニラと蜂蜜のニュアンスが特徴になります。

こちらは、白ワインになりますが淡白な鶏肉の味をバニラや蜂蜜のような甘い香りに、口に含んだ際に広がるトースト香が特徴です。

鶏肉の濃厚な味付けに合うワインはこれ!

鶏肉のスパイス焼き、鶏肉の香草焼きなど香り高いものと、とても相性がいいです。

商品名

ビオ マニア<オーガニック> チリ カベルネ・ソーヴィニヨンです

by カエレバ

 

カシスやチェリーを想わす黒いベリーの香りとの調和が楽しめるワインになっています。

濃厚な鶏の味にも負けることなく、香りや風味を楽しめるのでオススメです。

まとめ

相性の良いワインは好みもありますが、ワイン通だけでなく初心者の方も飲みやすいワインも多くピックアップしました。

基本的には濃厚な料理には、「タンニン」が多く含まれている重めのワイン。

さっぱりした料理には、「タンニン」が少なめの軽いボディのワインを選ぶことがオススメです。

そのため、ソースやスパイスを変えるだけでも相性のいいワインが大きく変わることもあるのです。

店で飲むのも、優雅でいいですが、家で1人で、友人で、家族で飲むのも安く、楽しめるのでオススメです!

おすすめの記事