酒粕料理ってあまり知る機会がないですよね。

味噌と酒粕の相性が良く濃厚なコクを楽しむことが出来て、とても美味しいんです。

今回はそんな酒粕の味噌グラタンの作り方をまとめてみました。

酒粕の味噌グラタンの作り方

酒粕の味噌グラタン

4人分
材料:
★味噌 大さじ2杯
★酒粕 大さじ2杯
★牛乳 100cc
★小麦粉 適量
●ジャガイモ 2個~4個
●玉ねぎ  1個
●アスパラ 2本
●お餅  3個
●バター 大さじ1杯
●プロセスチーズ お好み
●パン粉  お好み

作り方

1.お餅を半分に切り、オーブンで軽く焦げ目がつくまで焼く。
2.酒粕と味噌を鍋で温めつつ、牛乳で少しずつ溶かしていきます。弱火で調理し、トロミがついてきたら、小麦粉を投入します。
3.じゃがいもは薄切り、玉ねぎはスライスし、アスパラはお好みの大きさにカットします。
4.皿に、じゃがいもと1のお餅を交互に盛り付けてその上から玉ねぎ、アスパラを彩良く盛り付けます。
5.チーズとパン粉を上からお好みの量かけてオーブン(180度)で20分焼いて完成です。

追加しても美味しいトッピング紹介

さといも

さといも

じゃがいもの代わりにさといもを入れても美味しく召し上がることが出来ます。

さといもの粘り気とお餅の伸びる食感がよく合います。

また、チーズや味噌との相性も良いので、田楽のような風味も味わうことが出来るのでオススメです。

マカロニ

マカロニ

マカロニと言えば、グラタンには欠かせない定番の食材ですよね。

お餅の代わりにマカロニを入れることでイタリアンと和が融合したような味わいになります。

また、お餅だと少し重いと思われる人にもオススメです。

スパゲッティ

スパゲッティ

お餅の代わりにスパゲッティを入れる事で一層食べやすく、カロリーも低くなります。

子どもは、スパゲッティが好きな子が多いです。

取り分けて翌日のお弁当に入れても良いかもしれませんね。

インゲン

インゲン

アスパラだと固くて食べにくい方も居ると思います。そんな方にはインゲンもオススメです。

アスパラより柔らかく、小さい子供~ご年配の方にまで喜ばれる食材です。

ベーコン

ベーコン

上記のグラタンでは物足りないという方にはオススメなのはベーコンです。

男としては、何としても、お肉は欲しいですよね。

そんな方には、サイコロ状のベーコンを入れることがオススメです。一層旨味が増し、美味しく食べることが出来ます。

酒粕をグラタンに使うことで美味しくなる訳

グラタンに欠かせないものと言えば、ホワイトソースですよね。

ホワイトソースはどうしたら美味しさが増すのかと言いますと「コク」だと思います。

バターを入れたり牛乳や、コンソメを入れるのも、実はコクを出すからなんです。

酒粕はそんなコクを増すための役割を担ってくれます。

また、特有の甘みと旨味と、日本酒の香りがほのかにして全体的な味がまろやかになるので美味しくなるという訳です。

まとめ

酒粕の味噌グラタンの作り方は分かりましたか?酒粕は料理のコクを高めてくれるのでグラタンとの相性は格別です。

私のオススメは上記のレシピですが、さといもや、マカロニ、スパゲッティ、ベーコンを入れても美味しく食べられます。

また、日本酒の臭みやアルコールも消えるので安心して子ども~ご年配の方まで美味しく食べることが出来るのでオススメです。

食卓に並ぶと、豪華になり彩も良くなるので一度お試しください。

おすすめの記事