日本酒の飲み方と言えば、常温で飲む「冷や」、冷たくして飲む「冷酒」、温めて飲む「お燗」と3種類ありますよね。

実はそれ以外にも工夫すると美味しく飲める方法があります。

今回はプロに聞いた方法も紹介していきたいと思います。

日本酒のプロに聞いてみた飲み方のランキング!

1位 オンザロック

オンザロック

日本酒通の中には味が薄まるということから、あまり良く思っていない方も多いと思います。

しかし、プロの中ではアルコールが濃いめの原酒などはオンザロックにすることで風味がまろやかになって旨味が増すと言うこともあるそうです。

お酒にそこまで強くない方もこの飲み方なら飲みやすく日本酒の風味も味わえるのでいいと思います。

2位 ソーダ割

ソーダー割

 

日本酒は好きだけどアルコールはそんなに量が飲めないという方にオススメです。

ワインも炭酸水で割って飲む方法がありますが、日本酒もそれと同様で炭酸水で割って飲むことが出来ます。

オススメは、日本酒5:3炭酸水で割ると日本酒の風味を楽しみつつ、ソーダーの爽やかなシュワシュワ感を楽しむことが出来ます。

ただ、アルコールが高い原酒などは日本酒5:4炭酸水で割るようにした方が美味しく飲むことが出来ます。

3位 サムライロック

サムライロックは、日本酒をライムで割ったもののことを言います。

ライムは高額なのでライムジュースを使うと安価でいいと思います。ライムジュースは100%のものを使用してください。

オススメは、日本酒が5:1ライムくらいのバランスになるように割ると日本酒の風味を生かしたサムライロックを作ることが出来ます。

容器はこちらで紹介しているぐい呑みがいいと思います。

4位 みぞれ酒

みぞれ酒とは日本酒を凍らしてシャーベット状にしたもののことを言いいます。

雪景色のような見た目からみぞれ酒と言うように呼ばれる経過となりました。

通常はマイナス10℃で凍りますがゆっくりと冷やすことで液体がマイナス10℃になっても凍らずに液体状態を保つ性質を利用して作ります。

①冷蔵庫で2時間ほど日本酒を冷やします。

②冷凍庫に移し、グラスと一緒に90分程冷やしておきます。

③そして刺激を与えないようにゆっくりと冷凍庫から取り出し、一緒に冷凍したグラスに移すとしゃりしゃりのみぞれ酒が完成します。

5位 燗ロック

アルコール度数が低くなることでマイルドになって、口当たりも柔らかくなります。

氷をたっぷり入れたロックグラスに燗した日本酒を注げばすぐに出来るのでオススメです。

6位 フグのヒレ酒

炙ったフグのヒレの風味や旨味が日本酒に移り、つまみがなくても楽しむことが出来ます。

高級感漂う、贅沢な大人の飲み方ですね。

①ヒレはオーブントースターや魚焼きグリルなどで表面に気泡が出てくるまでしっかりと炙ります。この作業でヒレの旨味が出ます。

②熱燗を70℃以上まで温めてヒレを入れてから3分程ふたをして蒸らすと旨味が日本酒に浸透するのでオススメです。

7位 カニの甲羅酒

カニの甲羅酒は、カニをつまみに日本酒を堪能した後にもう一回楽しめる素晴らしい方法ですね。

カニ味噌は温めることでマイルドな味や、味噌の甘み、香ばしさが引き立つので、日本酒の旨味と非常に相性がいいです。

①カニの甲羅をアルミホイルで包み、日本酒を甲羅に注ぎます。

②ガスコンロに網をつけて焼くのがオススメですが、なかったらフライパンでも大丈夫です。

③プツプツと気泡が出たら皿に移して完成になります。

実は知られていない変わった飲み方とは?

たまご酒

卵に、日本酒と砂糖を混ぜた飲み方です。

柔らかな食感や優しい甘さが身体を癒してくれます。

昔から風邪を引いたときには効くと言われていましたが、水分補給が出来てアルコールが血行をよくしてくれ、卵にも栄養が豊富なためだと言われています。

弱火で熱燗を程よく温めたら、卵と砂糖を混ぜたものをゆっくりと濾しながら流していきます。

上手く入れないと、生臭くなってしまう原因になるのでゆっくり卵液を入れるのがコツです。

とろろ酒

すりおろした山芋を出汁で伸ばして、そこに熱燗を注いだものです。

山芋は胃腸に優しいと言われており、風邪の際に飲むと、栄養がとれるのでオススメです。

飲む際には山芋とお酒の境界線をすするように飲むといいと思います。

にんにく酒

にんにくは体力増強や風邪やインフルエンザの予防に大きく関係しています。

そのため、風邪を引いたときに、飲むことで免疫を高めるのに効果的です。

<作り方>

1.にんにくを500gを皮をむいて小片に分けます。

2.瓶の中に①と、1.8ℓの日本酒と、氷砂糖を200g入れます。
3.1週間に1度瓶のふたをあけて混ぜ合わせます。

4.2か月その作業を繰り返して完成です。

しょうが酒

しょうがは、昔から「身体にいい」と言われ続けている食材ですね。

しょうがのエキスの効能は身体を温める効能があるのでリラックスにも繋がります。

<作り方>

1.しょうがを500g用意して適当な厚さにスライスして日本酒1.8ℓと一緒に瓶の中に入れます。

2.3か月ほど放置して完成です。(しょうがは引き上げて料理に使えます。)

スライスした方がしょうがの成分が早く出るので、スライスするようにしてください。

まとめ

日本酒の飲み方は結構ありますよね。この中で好みの飲み方を探すのも大変かもしれません。

しかし、どの飲み方も好みがあるので、一度自分で試して観るのがいいと思います。

日本酒を割る際には、基本的にはアルコール度数の高い「原酒」を使うことをオススメします。

マイルドな風味が増しますので、とても飲みやすくなります。

また、フグのヒレ酒やカニの甲羅酒はハードルが高いように感じると思いますが、近年だとネットで購入できるのでいいですよね。

おすすめの記事