コンビニは、店舗の数が多く、手軽に行くことが出来るので、人気は高いですよね。

しかし、スーパーやドラックストアと比べて値段が高いため、なるべくコンビニでの買い物は控えよう。と思っている方は多いと思います。

それでも、何故コンビニはあんなに人気が高いのか。それは、欲しくなった時にすぐに買いに行ける利便さだと思っています。

今回はそんなコンビニで買える日本酒のおつまみ、ランキング7選を紹介していきたいと思います。

コンビニで買えるおつまみの特徴とは?

セブンイレブン

 

セブンイレブンは、幅広い年代層から人気が高いコンビニでコンビニのランキングでは1位を獲得し続けています。

お酒に合うような珍味~子どもやお年寄りまで美味しくべられるように工夫された商品が多く販売されています。

また、味も美味しく、商品の完成度が高いので、TV番組でも、好評を得ている商品が多いことでも有名です。

ローソン

ローソンは、地域によっては、店舗数がすくないこともありますが、健康志向が強く、素材の味を生かした味付けがされている事が多いです。

濃い味付けが好みの方は、物足りなく感じてしまうことがあるようです。

年齢層は、若者が利用するケースが多いというデータが出ています。近年の健康ブームで「少しでも身体にいい食べ物を食べたい。」という若者が多くなってきているということですね。

ファミリーマート

「ファミマはここまでやるか!」と思われるようになるために、イートインスペースまで確保して客がゆっくりくつろげる様な工夫があることが特徴です。

日用品まで、安い価格で豊富な種類をそろえてあったり、サークルKと合併したことで、「お互いのコンビニで人気のある商品」を研究して新商品を次々と開発しています。

味付けは薄味のものから濃いものまで幅広くあり、なるべく多くのニーズに対応できるように「攻めの姿勢」を貫き通しています。

コンビニでおつまみを買うメリット、デメリット

メリット

手軽に購入することができる
おつまみの品揃えが多くなってきている
日本酒も売っているので、スーパーまで行く手間がない

コンビニは、大体何処の地域でもあり、手軽に行けることが最大のメリットだと考えられます。

また、近年では、コンビニも日本酒の商品開発に力を入れており、並行して日本酒に合うようなつまみの販売スペースを戦略的に増やしてきています。

デメリット

価格が高めで設定してある
スーパーに比べると、品揃えが、まだまだ少ない

近年では、コンビニも日本酒に合うつまみに力を入れてきており、コンビニでしか買えないオリジナリティがあるおつまみも増え続けています。

しかし、まだまだスーパーの方が広く、品ぞろえが多いのが特徴です。

コンビニで買える日本酒のおつまみランキング7選!

ファミリーマート イカ明太マヨネーズ

 

博多産の明太子とマヨネーズの相性が抜群で、イカの風味を生かしてくれています。

かなり濃いめの味付けのため、大吟醸や、吟醸酒などの香りが強い日本酒とも良く合います。

また、食感がサクサクと心地よく、噛めば噛むほど口の中で広がる旨味が絶品です。

ファミリーマート やげん軟骨ねぎ焼き

 

やげん軟骨を香ばしく炒めて、塩だれで味付けをした一品です。

コリコリとした心地よい食感と、くどすぎない程よい塩だれの味付けが日本酒を一層美味しく感じさせます。

また、ねぎの風味がいいアクセントになっており、酒飲みにはたまりませんね。

ローソン ふっくらししゃも

 

おおぶりのししゃもを使用して、ふっくらと焼き上げています。

香ばしい香りと共にししゃも特有の旨味を十分に感じられ、日本酒との相性は言うまでもありません。

「子持ち」のししゃもを使用しているので卵の部分がプチプチとしていて、心地よい食感が美味しさを増幅させています。

セブンイレブン 岩毛の新生姜

 

台湾で栽培されている「本島姜」という生姜を使用しており、優しい辛さ、爽やかな香りを感じられます。

また、食感もシャキシャキと、心地よくパリッと仕上がっているので、飽きがこなく、いくらでも食べ続けられます。

爽やかな風味が、日本酒のどの銘柄、種類とも相性が良いです。

セブンイレブン 国産するめいかの熟成いかの塩辛

 

時間をかけて熟成して作られた塩辛のため、旨味が強く、濃厚なコクが日本酒との相性が良いです。

また、塩辛特有の生臭さを日本酒が中和してくれるので、臭みも緩和され、旨味だけを残してくれるので、とても美味しいです。

コンビニ おでん

 

コンビニのおでんは、1年間のうち半分以上の期間で販売しており、定番の大根やたまご、こんにゃくからそれぞれのコンビニの限定商品などがあります。

おでんは日本酒の定番ですが、つゆの濃さの好みが分かれるようです。

セブンイレブンは「ほのかな甘みと、上品な香り」
ローソンは「濃い目のカツオ風味のダシ」
ファミリーマートは「カツオより、昆布の香りが強く優しい味わい」が特徴です。

好みは分かれますが、薄味好きの方は、ファミリーマート、濃い味が好きな方はセブンイレブンかローソンでおでんを購入すると、美味しく食べられると思います。

セブンイレブン タコわさび

 

タコわさびは、日本酒のおともの定番ですが、食べやすいサイズにカットされた噛み応えが心地よいタコに、長野県産の茎わさびを合わせた、シャキシャキ、コリコリと、食感のバランスが良いです。

結構辛いので、辛いのがダメな方にはオススメできませんが、後を引く辛さのため、癖になる味で、日本酒との相性も抜群です。

まとめ

食べてみたいおつまみは見つかりましたか?

コンビニでしか買えないおつまみが増えていく中で、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートが競うように新作の商品を出し続けています。

セブンイレブンでは、年代問わずに好みが分かれない商品が多く

ローソンでは健康志向が強く、全体的に薄味の商品が多く

ファミリーマートではサークルKと合併したことで商品の完成度が全体的に上がった
ような特徴があることを分かっていただけたと思います。

また、コンビニのオススメのおつまみはどれも完成度が高いので、一度食べてみると想像以上なので、居酒屋で出てくるおつまみより美味しく感じられるかと思います。

おすすめの記事