国産牛と和牛って同じものだと勘違いしていませんか?

スーパーにもよく「和牛」「国産牛」と別に表記してある商品をよく見ると思います。

何が違うのかな。と疑問に思っている方は凄く多いと思います。

今回は国産牛と和牛の違いを分かりやすく解説していこうと思います。

国産牛と和牛の違いについて

和牛とは

「和牛」とは日本の在来種をもとに、交配を繰りかえして改良された牛の品種名であります。

そのため、「原産地」とはまったく関係ないのです。種類は4種類に分かれます。

1.黒毛和種

和牛の代表格と言える黒毛和種は、和牛品種の中で肥育頭数が最も多く、生産されている和牛の90%を占めます。

肉質の良いとされる和牛の中でも、特に黒毛和牛は、遺伝的な特性から、霜の降り具合、肉の色味、締まりなど肉質が大変良く、最高峰の牛肉と呼ばれています。

黒毛和牛の肉は、キメの細かく光沢があり、よく締まった赤身で歯ざわりも滑らかです。

さらに、旨味の効いた脂肪が赤身の間に緻密に入り込んで、細かな霜(サシ)を降らせることで、柔らかく仕上がっています。

口の中に入れると舌の上でとろけるような、まろやかな味わいに仕上がっています。

この風味と柔らかさが、どの品種にも負けない黒毛和牛最大の魅力だと思います。

また、神戸牛、飛騨牛、宮崎牛などの銘柄牛も、それぞれの地域独自の方法によって肥育がなされている黒毛和牛で、銘柄ごとの特徴を味わうことができます。

2.赤毛和種

この褐毛和種は「あか毛和牛」以外にも「あか牛」「赤牛」「あかうし」など様々な表記がされますが、すべて同じ褐毛和種のことを指しています。

最近は、テレビに取り上げられたり、話題が絶えない牛ですよね。

日本で2番目に多飼育頭数はその年によっても変わってきますが日本全国で20000~25000頭くらいです。体毛は褐色で、黒毛和牛よりも一回りほど大きな体が特徴です。

また、体が丈夫で暑さにも強く、穏やかな性格を持ち合わせ、さらには草を消化する能力にも長けているので放牧に向いています。

熊本系や、高知系に分かれています。

3.日本短角種

日本短角種(にほんたんかくしゅ)は、おもに、岩手・青森・秋田、北海道の一部の寒い地域において飼育されています。

和牛で3番目に多い品種ですが、和牛全体の1%にも満ちていない、希少な和牛です。

飼育頭数にして1万頭弱ほど。日本短角種は放牧に適しており、粗放な放牧でも野草を採食する能力に長けています。

さらに性格も温厚なため、肥育に手間がかからないというメリットがあります。

また、雌牛に関しては、産乳量に優れており、子育てがうまい品種としても知られているんですね。

寒さに強いので、北日本の気候・風土に適合しています。

4.無角和種

この無角和種は角がないことで有名です。和牛の中では飼育頭数が一番少なく、希少な品種です。

山口県萩市を中心として飼育が行われています。

無角和種は育ちが早く、肉の産出量が多かったため、昭和時代には畜産農家にとってもそこそこ人気のある品種でした。

しかし現在ではわずか200頭ほどしかいない、超希少品種となっています。

国産牛とは

国産牛とは、日本国内で飼育された牛のことをいいます。

日本国内で食肉用に加工された牛(精肉したもの)は「国産牛」と 表示されます。

乳牛種であるホルスタインは、日本の牛のイメージが強いようにありますが、実はオランダの外来種。

ホルスタインの雄は、乳製品を生産できないので、ほとんどが食肉牛として飼育に回されますが、日本で生まれ育っていても、和牛ではありません。

外来種や外国で生まれた牛であっても、日本国内での飼育期間の方が長く、日本国内で食肉用に加工されれば、国産牛として扱われます。

日本国内で精肉・加工品として使われている牛は、半分以上の割合でホルスタインとなり、その生産量の多さから国産牛とは、主にホルスタイン種を指しているといいます。

畜産物の産地について、以前は「3ヶ月ルール」という例外規定があり、外国産牛でも日本で3ヵ月飼育すれば、国産牛として売る事ができていました。

しかし、平成16年9月より、国産牛は品種に関係なく、牛が生まれてから、と畜されるまで、最も飼育・育成された期間の長い場所(最長飼養地)を原産地として表示することがJAS法で制定されています。

おわりに

いかがでしたでしょうか「和牛」は日本の在来種をもとに、交配を繰り返して改良されたもので、「国産牛」は一定期間(輸入されてから3ヵ月間)以上日本国内で飼育されていれば国産牛と 称されています。

つまり生きたまま輸入すればアメリカ産だろうがオーストラリア産だろうが日本で3ヶ月 以上飼育されていれば「国産牛」になるということです。

おすすめの記事